台湾の「至宝」を見に行ってみた!

とっつきにくそうな中国の書画を、今度こそ

さて、最初の写真の左の部分は、中国の宋時代の書の四大家のひとり、黄庭堅(こうていけん)が書いている。彼は蘇軾の弟子であり、友人だった。「これは先生の最高傑作だ。二度とこうは書けないだろう」と絶賛している。のびやかな筆の運びが清々しいが、塚本さんは、黄庭堅もまた人生に前向きな人だったと見ている。

「誰が本当の悪者か」でモメる人たち

画像を拡大
『折檻図軸』 南宋時代 13世紀 台北 國立故宮博物院蔵 8月3日まで展示

こちらの絵には、今の組織にもありそうな人間関係が描かれている。左側の欄干に手をかけた男が、右側に座っている皇帝に訴えている。皇帝の右に立つ黒い衣の人が悪者だというのだ。しかし、皇帝は聞き入れず、男は引きずり出される。

手前の真ん中でおじぎをする人は、欄干のところにいる男は忠義の士ですから、と皇帝をなだめている。

結局、黒い衣の人は悪人と判明する。皇帝は反省し、臣下の忠言は受け入れようと、壊れた欄干をそのままにして戒めとした、という故事だ。後の皇帝も、執務室にこの絵をかけていたという。

「昔も同じようなことで悩んでいたんだなと思います。左上の部分には、後の清時代の皇帝、乾隆帝が、これはいい絵だということを書き加えています。一度失敗したらしく、上から絹を張り直しています」

次ページ皇帝のおもちゃ箱?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。