65歳定年後に元気な人とガックリくる人の大差

本当に必要な「人間関係」とコミュニケーション

孤独に陥らないことが大切です(写真:Fast&Slow /PIXTA)
「第2の人生」を愉しく過ごすためには、定年前からの準備が大切と言われる。「65歳定年後も輝く人とダメになる人の致命的差」(2021年4月2日配信)に続いて、定年後の3大リスク「お金・健康・生きがい」の疑問や不安の正体を可視化し、解決策をまとめた『定年の教科書』より一部を抜粋、再構成してお届けする。

「よい人間関係」が老後にとっていかに大事か

定年後は「よい人間関係」をつくることが、幸せで健康な老後を過ごすための秘訣です。

ここで、世界でもっとも長期間にわたっておこなわれている研究──ハーバード大学の「成人発達研究」を紹介します。そのなかに幸せな老後を過ごすヒントがあるのです。

「成人発達研究」は1938年に始まり、現在まで続いています。資金が続かなかったり、担当者がいなくなったりして、10年ぐらいで終わる研究が多いなか、80年以上も継続とはじつに異例の長さです(2015年の時点)。予算も毎年1億円を得ており、現在のロバート・ウォールディンガーは4代目の所長です。

研究では、男性を2つのグループに分けました。1つがハーバード大学の2年生、もう1つはボストンの極貧生活をしている子どもたちです。10代の彼らにインタビューをし、健康診断を受けさせて、その後を追跡調査しました。

スタート時点で724人だった被験者は、2015年には90歳になり、当時約60人が健在でした。調査はいまも続いています。さらに、彼らの2000人以上の子どもたちも被験者として追加されています。

ロバート・ウオールディンガーは、「健康で幸福な人生を送るのに必要なのは、〈富〉や〈名声〉〈がむしゃらに働く〉ことではなく、〈よい人間関係〉である。それこそがもっとも大きな幸せの要因だ」と結論づけています。

さらに、周囲とのつながりは非常に重要で、「孤独」は命とりになると述べています。

家族や友達とうまくコミュニケーションを取れている人ほど、健康で幸せになります。

次ページ孤独な人が直面する問題
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT