「高学歴の真の価値」を知る人と知らない人の差

自分にとっての「最適」を探す旅こそが人生

いい大学にさえ入ることができれば、将来が保証されるのでしょうか?(写真:Fast&Slow/PIXTA) 

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

大学への進学のことで相談です。いい学歴を得て将来、楽をしたいと考えていますが、自分の今の偏差値や模擬テストの結果を見るとどうしてもトップのランクの大学には行けそうもありません。なお、数字や理科系は苦手なので文系を想定しています。
浪人をしていい大学に入るのが最適な選択肢なのか、それとも妥協した大学にとりあえず入り、なにか資格を取得して頑張るべきか、その2つの選択肢ならばどちらを選択するべきだと思いますか?
高校生 Kすけ

受験は暗記で優劣をつけた結果にすぎない

詳細は拙著『「学歴なんて関係ない」はやっぱり正しい』もご参照いただければと思いますが、いわゆるいい大学に入ったからといって将来、楽ができるわけではありません。

この連載の記事一覧はこちら

受験の結果としての学歴というのは、暗記を中心とした特定のルールにおける優劣という側面もあり、そういった意味では学歴とは単なる受験歴のことであり、仕事においてまたは社会において必要とされるスキルを保証するものではありません。

むしろどの大学を出たかよりも、受験なりの経験を通じて、順序立てて物事を考えていけば正解にたどり着けるということを実感として蓄積したり、勉強や努力をするという癖をつけることにより、仕事において必要とされるスキルを獲得する基本的な姿勢を身に付けることのほうが重要だったりします。

就職やその後の仕事においても学歴が高いから万々歳とはいかず、就職時の選考書類が通りやすいというような、つまり入り口に立てる可能性が高まるという意味でのドアノック効果は期待できますが、その先は人間力や行動力、探求心やコミュニケーション能力などがより重要視されます。

次ページ「いい学歴=将来楽ができる」は幻想でしかない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT