「大卒」になれなかった人たちの就活リアル

既卒・中退者の再チャレンジの道はあるか

中退や既卒者など、「大卒で就職」というスタートラインにつけなかった人たちの仕事探しは、どこまで道がひらけているのか (撮影:今井康一)

就職活動に関する報道は、まるで季節行事のように毎年紙面を賑わす。確かに学生にとっては、人生の大きな選択肢の1つであり、社会人は自身の経験を踏まえながら、後輩たちに一家言あるテーマだ。今年以降は、経団連の中西宏明会長の発言に端を発した「新卒一括採用の是非」など、ますます議論が深まりそうだ。

「就職四季報」特設サイトはこちら

しかし、「若者雇用」という文脈では、こうした議論は意味をなさない。なぜならここで言う「新卒の就活」は事実上、大学・大学院を卒業する学生にのみ資格を与えられた活動であり、それにあぶれた学生・若者は蚊帳の外だからだ。「8月1日時点の内定率88.0%」(リクルートキャリア就職みらい研究所)という数字にも、あるいは残りの1割強の数字にも含まれない、「新卒時に就活をしなかった」「大学を中退してしまった」若者たちの就活実態に焦点を当てたい。

大学に7年間在籍したが、結局2度中退

「僕の話は回りくどいとよく言われるんです。もしわからなければ言ってくださいね」。そう話す笑顔の奥には、やり切った充実感が伺える。岩棚優太さん(26歳、仮名)は、今月から、IT関連会社でネットワークエンジニアの契約社員として働き始めた。

岩棚さんにとってこれが人生で初めての就職だ。定職に就かずに長期間アルバイトして生活するフリーターだったわけではない。岩棚さんは大学で2度中退しており、結果的に7年間も在学していた。

次ページ勉強に挫折してしまった・・・
関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。