「外国人従業員が多くいる会社」ランキング

優秀な外国人は日本本社の管理職にも登用

外国人従業員が多い企業に入社すると、海外で活躍できる可能性が高い(写真:kikuo / PIXTA)

グローバル企業に就職して世界で活躍したいと思っている学生もいるだろう。では、どのような会社に入社すれば、希望がかなうのだろうか? ひとつ参考になるのが、すでに海外に進出していて、外国人従業員も多い職場だ。

『CSR企業総覧2018年版[雇用・人材活用編]』(東洋経済新報社)。書影をクリックすると販売サイトにジャンプします

そこで今回は、従業員の多国籍化が進む、海外子会社を含めた「外国人従業員が多い会社」を紹介していきたい。

『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)』2018年版に掲載している、各社が把握する総外国人従業員数(項目名としては連結外国人従業員数)を連結従業員数で割った比率を、「外国人比率」として算出。高い順に100社をランキングした。

なお、総外国人従業員数には嘱託社員などが含まれているケースがあり、有価証券報告書等で開示されている通常の従業員数と少し異なる場合がある。また、管理職の登用状況を見るために、親会社(例外あり)の管理職の外国人数と全体の比率も掲載した。

海外生産100%!のフォスター電機が1位

では、ランキングを見ていこう。

1位はフォスター電機で98.9%。同社は音響・車載用スピーカー部品・製品の専業メーカーだ。海外生産は100%で、生産体制はさらに増強を続けている。

連結従業員数は4万9194人で、総外国人従業員数4万8670人。単独従業員数は連結の1%にも満たない476人。このうち外国人は36人だ。管理職も外国人3人で外国人管理職比率3.0%。女性管理職5.1%に比べると低い水準だが、本社での外国人登用も進めている。

次ページ2位は電子機器の受託生産で、拠点は中国
関連記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。