「給料が高く中途採用が多い会社」トップ100

30歳平均月給30万円以上の会社でランキング

1位は佐川急便。中途採用が6484人で、30歳平均月給が34.7万円だ(撮影:尾形文繁)

「今年の新卒採用は終了」という会社は増え、内定を決め、一息ついている就活生が多いかもしれない。しかし、長い人生、就職活動は新卒時だけとは限らない。

『CSR企業総覧2018年版[雇用・人材活用編]』(東洋経済新報社)。書影をクリックすると販売サイトにジャンプします

会社によっては新卒でなく、中途採用中心の職場もある。ひょっとすると将来、ご縁ができるかもしれない。そこで、今回は未来の可能性のひとつとして、中途採用が多い会社をご紹介していきたい。時点は基本的に2016年度(2016年4月~2017年3月)の1年間における採用の人数だ。

対象は『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)』2018年版掲載1413社のうち、大卒30歳平均賃金が30万円以上の会社である。『CSR企業総覧』で回答のあった金額で例年ほぼ平均値となるのが30万円。この水準であれば、きちんと定期昇給などが行われている可能性が高い。社員を大切にしているかを見るための重要指標といえる。

1位佐川急便の中途採用比率は92.3%

ではランキングを見ていこう。1位は宅配便2位の佐川急便の6484人。このうち大卒は749人だった。ちなみに2017年4月の新卒採用は539人。1年間の全採用数に占める中途採用占有率は92.3%と、中途がほとんどだということがわかる。

また、大卒30歳平均賃金は34万7588円だが、最高は44万3074円となっている。実績によって差をつける職場のようだ。

次ページ有休取得率が高まっている
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
株主総会で賛成率が急落<br>機関投資家が物言う株主に

低支持率の役員167名を実名公開!低出席率、低ROEなどを理由に、機関投資家は役員選任議案に反対票を投じ始めた。「物言わぬ株主」といわれた機関投資家が変貌した理由は?