「給料が高く中途採用が多い会社」トップ100 30歳平均月給30万円以上の会社でランキング

印刷
A
A

一方、同社の有給休暇取得率は2014年度45.4%、2015年度54.7%、2016年度60.4%と、増加傾向にある。週休3日制正社員、在宅勤務制度、短時間勤務制度など、幅広い働き方も用意しており、成果評価に力を入れながらもワーク・ライフ・バランスに気を使っていることがうかがえる。

女性活躍も推進中で、女性管理職比率4.4%、女性部長比率15.4%と伸びている。2020年度までに女性社員比率を35%以上、女性管理職比率を10%以上にするなどの目標を掲げ、ダイバーシティにも力を入れる。

同社は1年間の離職者数も開示しており、2016年3月21日から2017年3月20日の離職者数は1817人。少なくはないが、1年間の採用数はその4倍で、辞める人は一部にとどまっている。新卒3年後定着率も70%を超えるなど、定着度も一定の高さを保っている。

2位はヤマダ電機の1115人だ。2017年4月の新卒入社者はわずか1人で、中途採用がほぼ100%。30歳平均賃金は31万7515円だった。

3位は日本生命保険の960人。新卒も827人と多く、中途採用占有率は53.7%と、中途と新卒はほぼ同じ比率。30歳平均賃金は41万7179円で、40万円を超えている。

新卒中心の会社も中途採用を増やしている

4位は楽天の900人である。新卒は360人で中途採用が中心。大卒30歳平均賃金は39万8303円と40万円に近い高給だ。5位はセコムの778人、新卒採用が191人。6位はトランスコスモス751人で新卒566人だった。

以下、7位日本電信電話743人、8位日清医療食品565人、9位三菱電機523人、10位セブン&アイ・ホールディングス489人と続く。

中途採用占有率が10%を下回っているのが、28位みずほフィナンシャルグループ(8.3%、中途175人)、45位三菱UFJフィナンシャル・グループ(8.4%、同111人)、53位トヨタ自動車(4.8%、同98人)、55位SOMPOホールディングス(9.9%、同94人)の4社。大手金融機関を中心にいまだに新卒中心の会社は少なくない。

ただ、新卒中心の会社でも、中途採用を少しずつ増やしているのは事実。ひょっとすると将来、ランキングのいずれかで、中途採用の転職を目指すところもあるかもしれない。

その際はぜひ、このランキングデータを収録している『CSR企業総覧』や『CSR企業白書』の存在を思い出し、有給休暇取得率や大卒30歳平均賃金、女性管理職比率などを、じっくりチェックしていただきたい。

次ページ30歳月給30万円以上で中途採用が多い会社1~49位
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT