なぜ東大生の3人に1人以上が男子校出身なのか

2.2%の「超少数派」が最難関大学を寡占

もちろん最難関大学に多くの合格者を出すことだけが学校の価値ではないが……(写真:今井康一)

男子校は少ない。2018年度の文部科学省の調査によると、全国に高校は4897校ある。うち「男子のみの学校」は107校。たったの2.2%だ。ちなみに「女子のみの学校」は299校で、男子のみの学校に比べれば2倍以上ある。公立のみで数えれば、男子のみの学校の割合はわずか0.4%にすぎない。男子校出身者は、もはや絶滅危惧種と呼ばれてもおかしくない状況だ。

複数ランキングで見ても合格者の約6割を占める男子校

しかし2019年の高校別東大合格者数ランキングを見ると、5位まではすべて男子校、10位までの8割が男女別学校だ。20位までを見ても男子校が65%を占める。また、ランキング50位までの合格者数は計1880人。そのうち男子校出身者だけを合計すると1084人となり、約6割を占めていることがわかる。毎年約3000人が東大に合格するので、東大生の少なくとも3分の1以上が男子校出身者という計算だ。

東京偏重にならないように、東大・京大・国公立大医学部合計の過去5年間の平均合格者数ランキングで見ても、トップ20校のうちやはり65%が男子校である。

次ページランキング表はこちら
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT