徹底して地味! あの水彩画はなぜウケるのか

素人がじわじわうまくなって、人気画家に?

映画がない時代なのに、まるで映画

藁科さんが「まるで映画のワンシーンのよう」と言うのが『青梅』だ。画面の手前と後ろは影になっていて暗く、中央には日が当たっていて、干してある傘の白さが際立つ。傘の色は紙の地の白さがそのまま生かされている。

「手前が暗くなっていると、自分も絵を描いている人間と同じ位置に立って見ているような感覚になります。映画というものをまだ知らなかったはずなのに、映画のような視覚的な効果を取り入れています。自分で見いだしたのか、何かからヒントを得たのかはわかりません」

大下藤次郎『青梅』1904(明治37)年 島根県立石見美術館蔵

大下は画家として活躍する一方で、水彩画を全国に普及させた。彼が書いた水彩画の手引書『水彩画の栞』は15版を重ねるベストセラーになった。森鴎外が序文を寄せている。

水彩画を見たことがない人でも描けるように、空にはこの色、川にはこの色を塗ればいいとか、紙は東京のこの店でいくらのものを注文すればいいといった、具体的な情報を丁寧に紹介している。

この本を参考に地方の青年たちが絵を描き始め、全国で水彩画のブームが巻き起こった。後に洋画家として活躍する、坂本繁二郎、萬鉄五郎もこの本に影響されて筆を執った。岸田劉生も大下の水彩画をお手本として模写したという。

次ページ素人だからできたこと
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT