徹底して地味! あの水彩画はなぜウケるのか

素人がじわじわうまくなって、人気画家に?

地方には水彩画がどんなものか知らない人たちもいた。すると大下は見本を送ってあげた。さらに水彩画の普及のための雑誌を作り、各地で講習会を開き、それを事業にしていった。

「大下は生まれながらの画家ではなく、20歳から始めた素人だったからできたのです。自分が素人だったから、絵を始める人に必要な情報がわかったのだと思います」

大下藤次郎 『水辺風景』 制作年不詳 島根県立石見美術館蔵

水彩画ブームを起こした大下は42歳の若さで亡くなる。20余年の画家生活だった。作品は小さなものが多く、近づいてじっくり眺めることができる。一見、素直な風景画に仕込まれたトリックを探してみたい。

「島根県立石見美術館所蔵 水彩画家 大下藤次郎」

2014年5月20日~6月29日
千葉市美術館
千葉市中央区中央3-10-8
TEL 043-221-2311
10:00~18:00(金・土曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
会期中無休
一般1000円、大学生700円、高校生以下無料

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT