コロナで現実味を増す「ウェブ面接」は広がるか

「HRテック」を活用できる会社、できない会社

コロナウイルスの影響で、採用にも影響が出る模様。そんなときだからこそ、採用系HRテックサービスを活用するいい機会となるかもしれません(写真:タカス/PIXTA)

日に日に広がる、新型コロナウイルス問題。会社の次世代を担う人材採用、とくに新卒採用にも大きな影響を及ぼしそうな気配です。

例年なら2月以降、各企業で新卒採用のための選考活動が本格化します。ところがリクルートキャリアなどが開催予定の合同企業説明会を全国で取りやめ、就活関連のイベントも中止に。

もともと今年は、イレギュラーな日程での採用活動が予想されていた年。オリンピック前に選考を終わらせようと、6月から選考を開始するなど、例年より前倒しで活動を進めたいと考えていた企業が多数あったのです。

そんな状況下で起きた、コロナウイルス騒動。企業側の採用担当者、学生ともに、面会や選考待ちの会場で感染したらどうしよう……と双方が不安になっています。すでに一部の企業は在宅勤務への切り替えを実施しており、今後、来社などを伴うオフィスでの対面方式の面接が、物理的にも難しくなることも予想されます。

ウェブで面接するサービスも話題に

そんな中、あるHRテックサービスが話題になりました。

この連載の一覧はこちら

Web面接・録画面接システムの「インタビューメーカー」を提供するスタジアムという企業が、サービスの無償提供を行うことを発表したのです。いつどこでも面接が可能なオンラインサービスを使い、各企業の選考活動が滞りなく進められるかを検証する、いい機会となるかもしれません。

このサービスに限らず、昨今、HRテックの面白い活用事例が相次いでいます。採用系のHRテックは、会社をどのように変えていくのか? この記事では、皆さんと考えてみたいと思います。

次ページHRテック系の中でも、採用関連のサービスが最多である
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。