大企業のお題で読むエントリーシートの傾向

就活生はどんな設問が印象に残ったのか?

就職活動で志望動機などを記入して企業に提出する「エントリーシート」。設問にはそれぞれの企業の個性が表われている(写真:NOV / PIXTA)

就職活動において、学生から企業への「関心がある」という意思表示が「プレエントリー」、そして「志望したい」という申し込みが「本エントリー」だ。

大手企業では、「エントリーシート」(ESと略されることもある)の提出をもって、本エントリーとする企業が多い。企業から見ると書類選考でもある。最近では、3月中旬から4月中旬に、締切日を設定する企業が多くなっている。何回かの締め切り日を設定して、締め切り分ごとに選考を実施する企業もある。

学生の印象に残ったエントリーシートとは?

エントリーシートには自由記述もあるが、企業が設定した質問項目に従って書いていき、文字数が指定されているものが大半だ。学歴、ゼミ・研究、クラブ・サークル、志望動機などの定型的な質問もあるが、企業独自の質問もある。

学生はエントリーシートの質問を見て、企業の知性や文化を感じとるから、答える学生だけでなく、設問を出す企業も測られていると言える。

中には、白紙のエントリーシートに文字だけでなく、絵や写真などを使って自由に表現させるものや、エントリーシートの用紙自体を学生に選ばせている企業までもある。

「就職四季報」特設サイトはこちら

学生の感想はさまざまだ。「チョロい」「簡単」と甘く見ることもあるだろうし、「ゲッ、何これ?」と驚くこともある。そこで学生が「印象に残った」というエントリーシートを2019年卒採用の事例から紹介してみたい。

あくまでも2019年卒採用で使用されたエントリーシートなので、今年も同じ設問とは限らないことには留意していただきたい。

次ページ「コピペ」が通用しない三井住友海上
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。