読み書きを鍛えるのに「要約」が最強なワケ

新聞や書籍で簡単に練習できる

読む力は、ある程度の量の文章を読んでこそ培われます(写真:Fast&Slow / PIXTA)
読解力のない人は、物事の本質をとらえていないので、発言も浅いものになりがちです。新聞や本を読むにしても、漫然と読んでいるだけでは、情報は流れていってしまいます。本記事では国語講師で『大人に必要な「読解力」がきちんと身につく 読みトレ』の著者である吉田裕子氏が、思考力や表現力にもつながる、読解力を鍛えるための習慣を紹介します。

要約の練習には新聞が適している

読む力だけでなく、書く力も鍛える、一石二鳥のトレーニング方法が要約です。まず、要点の探し方を理解しておきましょう。その文章を読んでいない人にも、文章の内容が伝わるように抽出するのがポイントです。

[話題]何について述べているのか
[結論]結局どのようなことを言いたいのか

の2点を探します。話題と結論があれば、「何の話?」「要は何が言いたいの?」という疑問に答えることができます。

・タイトルや小見出し
・導入部
・太字などで強調している箇所
・締めくくり部分

に注目すれば、早めに見当をつけることができるでしょう。

要約の練習に適した教材が新聞です。特に「社説を100字程度で要約する」というのが、要点を見つけ、簡潔にまとめる練習になるでしょう。社説は1つの文章で1つの主張を述べており、練習にはもってこいです。

また、事件などを報道する記事も、5W1Hを意識しながら読み、まとめることで、正確に情報の全体像を把握するという練習に使うことができます。リード文(記事冒頭の要約)の付いている記事を使うと便利です。最初はリード文を隠し、自力で要約を書いてからリード文を見れば、要約の答え合わせができます。

次ページ読解力を下支えする語彙力を付けるには
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。