「バカの壁」はネット時代にますます高くなる

養老孟司×新井紀子「バカの壁」対談<上>

ネット時代の「バカの壁」について縦横無尽に語り合う(撮影:尾形文繁)
養老孟司氏と新井紀子氏は、どちらもベストセラーを世に送り出しています。
養老氏は400万部を超える歴史的大ベストセラー『バカの壁』のほか、著作は70作を超えています。
近著『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』が20万部を超えるベストセラーとなった新井氏は、AI技術を結集してロボットを東大合格にチャレンジさせた「東ロボくん」の研究プロジェクトで有名な数学者です。
その『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』の読者の方からは、『バカの壁』との共通点を指摘する感想が寄せられています。
2人の対談は今回が初めて。バーチャル化する実社会やデジタルネットワーク社会に潜む「バカの壁」を通奏低音にして、話題はAI、民主主義、虫取り、医療、教育など多岐に及びました。
『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

養老:今日は、若い方にお話を伺いたいと思ってやってきました。

新井:私のほうこそ、いろいろ教えていただきたいと楽しみにしてまいりました。私は以前から勝手に先生とのご縁を感じておりました。先生が理論社の「よりみちパン!セ」シリーズで『バカなおとなにならない脳』(2005年)を出版されたのと同じ時期に、私も同じシリーズで『ハッピーになれる算数』(2005年)を出版したんです。そのとき、先生の本も読ませていただいて、もちろん『バカの壁』(2003年)も拝読しました。

養老:『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』を読んで面白いと思ってね。ぼくはだいぶ前から、読むだけで子どもを教育してみたらどうなのかなって思っていたんですよ。それで、子どもの読解力を調べている人のお話を聞きたいなと。

ネットワーク世界にはびこる嘘

養老:書評を頼まれて『デジタル・ポピュリズム』(福田直子著、2018年集英社新書)を読んだんですけど、ちょっと驚きました。たとえば、ぼくなんかトランプ現象とかイギリスのEU離脱は政治の文脈で理解してたんです。でも、福田さんの本を読むと、あれは実はネット(の強い影響)だったんだということを丁寧に説明しています。それで、やっぱりそうか、違う力学があるんだな、と。つまり、読解力のことです。

新井:私もそう思います。

次ページデジタルネットワーク社会
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。