「アレクサ漬け」の生活をするとどうなるか

あらゆる対応機器を試してみた

アマゾンの音声認識技術アレクサを搭載したスマートスピーカー「アマゾン・エコー」(写真:Jens Mortensen/The New York Times)

「アレクサ」と呼びかけてもいないのに、ベッド脇に置いたアマゾンのスマートスピーカー「エコー・ドット」が青い光を放ち始めた。アレクサというのはアマゾン・ドット・コムの開発した音声アシスタントの名前であり、起動させる時の合図でもある。ところがこちらの要望に応えるどころか、アレクサはホラー映画の夢を見た子どものように泣き叫び始めたのだ。

しばらくしてアレクサは黙った。「何だありゃ」と、私は妻に言った。妻の反応はもっと手厳しかった。

生活の隅々まで入り込んでいる

ところが不思議なことに、翌朝には2人ともこの一件をすっかり忘れていた。使用をやめようとはまったく思わなかったことからも、アレクサがいかに私たちの生活に、もっと言えば文化に深く入り込んでいるかわかるというものだ。

さしたる害のないバグがもたらす謎の現象は、一声で召喚できる人工知能(AI)との暮らしにはつきもので、今回の一件もそんなところだろうと私は考えた(アマゾンは調査を申し出てくれたが、これまでにそんな事象が発生したという報告は受けておらず、アレクサがそんな音を出せるとは考えられないという話だった)。

3年半前、アマゾンがアレクサを発表した際の前評判は散々なものだった。ところが予想に反し(時々、思いもよらないおかしなことをやらかすにせよ)アレクサの普及は進んでいる。それどころか、テクノロジー業界では最近、アレクサは人気ガジェットの一機能を超えた存在であると言われるようになってきた。

今進行中なのは、もっと大きなことなのだ。アレクサはこの10年で、アップルの携帯端末向けOS(基本ソフト)であるiOSや、同じくグーグルのアンドロイドに次いで第3の重要な一般ユーザー向けコンピューティング・プラットフォームになる可能性が大きい。つまりテクノロジーの世界で起きていることの大半の土台になるくらいに生活の隅々まで入り込んだコンピューティングサービスになろうとしているのだ。

次ページサードパーティ製品も急増中
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT