「スマートホーム」には危険が潜んでいる

家をIoT機器だらけにすると何が起きるか

コンセントの周りは配線だらけ。見た目は"スマート"ではない(記者撮影)

アマゾンの「アマゾン・エコー」や米グーグルの「グーグルホーム」。ここ数年、こうしたAIスピーカーやホームセキュリティ、ヘルスケアなど消費者向けなど、IoT(モノのインターネット)製品が続々登場、家庭の中に入り込み始めている。その分野は多岐にわたり、しかもユニークな製品が多い。

最初の頃はスマートフォンから電灯のオン・オフを制御する程度だったが、最近はカーテンの開閉を設定できる目覚ましカーテンや、防犯カメラに冷蔵庫、換気扇、空気清浄器、光量を調節できるスマートミラ―など、さまざまな製品が登場している。

こうした一つひとつの製品はいまだガジェットの域を出ないとはいえ、遠くない未来には、インターネットで機器が連携された「スマートホーム」が実現する日もくる。その際に落とし穴はないのだろうか。

ミサワホーム、50個の機器を実験してみた

実際に検証してみたのが、大手ハウスメーカーのミサワホームだ。それもどうせやるならと、50個のIoT製品をかき集めた。「50個という数字が先行していたので、正直、こんなものまで、という製品も含まれている」と、実験を主導したミサワホーム総合研究所の飯島雅人主幹研究員は頭をかく。

こうして、いざ50個もの機器をモデルハウス内に設置してみると、思わぬ発見の連続だったという。

まず目に付いたのが配線だ。コンセントの周りは見た目も繁雑で、使いにくいことこのうえない。また、屋内のあちこちでIoT機器を使用する際に、部屋の隅などWi-Fiが届かない場所が意外にある。また、IoT機器を使いこなすには中継機となるハブが必要となるが、設置個所が圧倒的に不足している、などだ。

次ページ難しいのがWi-Fiルーターへの接続作業
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT