LINEアイコンに「子どもの写真」がマズい理由

周囲にとんでもない印象を与えているかも…

LINEの設定や使い方は大丈夫ですか?(写真 :Ushico / PIXTA)※メールマガジン「小寺・西田の金曜ランチビュッフェ」2016年6月24日 Vol.087 <ターニングポイントはどこだ号>より

娘が通っていた小学校で、今年も講演を頼まれた。すでに卒業したのに、ありがたいことである。

これまで多くの小中学校で講演させてもらっているが、たいていは先方からこういう内容で、という指定があることが多い。だが今回は通ってた小学校と言うことで、先生方もよく知ってるし、一緒になって講演の内容を相談しながら決めることができた。

去年は小学生のインターネットの利用をテーマに、ゲーム機でのネット利用や文字コミュニケーションの練習方法などについてだったが、今年は主に大人、具体的には保護者のLINE利用についてお話しすることとなった。

LINEの設定や使い方、それで大丈夫?

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)の提供記事です

2年間PTAと子供会をやっててわかったのは、役員のママたちと一番便利に連絡がやりとりできるのは、メールでも電話でもなく、LINEだということだ。2年前にはLINEは怖いから、スマホ使ってないから、というママも珍しくなかったが、この1〜2年で急速に事情が変わってきた。それだけスマートフォンへの乗り換えが進み、LINEのようなチャットアプリの利用者も増えてきたということである。

ところが多くのママは、ネットでグループチャットするなど、初めての経験のハズだ。TwitterやFacebookは元より、過去にmixiなどのSNSも使ったことがないという方も多い。LINEの設定や使い方など、大丈夫かなと思う部分も少なくない。

次ページプライベート連絡ツールだから…と思って大丈夫?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。