中高生がLINEとTwitterを使い分けるワケ

なぜ彼女たちは個人情報を載せるのか

中高生は「LINE」と「Twitter」を使い分けている(著者撮影)
中高生が使うコミュニケーションツールといえば「LINE」をいちばんに発想しますが、実は「Twitter」の人気も非常に高いのです。大人からすると、もはや定番とも言えるTwitterになぜ人気が集まるのでしょうか。彼らはLINEとTwitterを上手に使い分けているのです。

中高生の2強SNS「LINE」と「Twitter」

この連載の一覧はこちら

「中高生はLINE」と誰もが考えますが、彼らはTwitterも大好きです。東京工科大学が2016年4月初旬に新入生に行ったアンケートによると、ソーシャル・ネットワークキング・サービス(SNS)利用率は、LINEが98%、次いでTwitterが81%です。さらに、友人との連絡手段としてもLINEの98%に次いで、Twitterのメッセージ機能が40%の人に利用されています。

Twitterは2006年に始まった古参のSNSなので、「ブームが来たときに登録し、そのまま使っていない」という大人も多いのではないでしょうか。しかし、中高生はスマホを手にしてLINEに登録すると、次はTwitterを始めます。それはなぜかというと、中高生なりの使い分けがあるからです。

では、中高生のTwitterを再現します。

A子「安定のゆみとスタバ!(SNOWでのツーショット自撮り)」
B子「らぶりつしたー。うける(絵文字)(絵文字)(絵文字)」
A子「あざまる(絵文字)(絵文字)」

通訳します。

A子「仲良しのゆみとスターバックスに来ました。2人の自分撮り写真をアプリで加工したのでご覧ください」
B子「“いいね”と“リツイート”をしました。おもしろいですね」
A子「ありがとうございます。」
次ページ中高生はなぜ「らぶりつ」するのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界揺るがす地雷原<br>コロナ経済危機の5大論点

欧米で新型コロナウイルスの感染が拡大し、世界経済はマヒ状態に陥る寸前です。米国の信用不安、原油価格急落に欧州医療危機……。世界はどんな地雷を踏みかねないのか、5つの論点で識者に見立てを聞きました。