中高生がLINEとTwitterを使い分けるワケ

なぜ彼女たちは個人情報を載せるのか

中高生は「LINE」と「Twitter」を使い分けている(著者撮影)
中高生が使うコミュニケーションツールといえば「LINE」をいちばんに発想しますが、実は「Twitter」の人気も非常に高いのです。大人からすると、もはや定番とも言えるTwitterになぜ人気が集まるのでしょうか。彼らはLINEとTwitterを上手に使い分けているのです。

中高生の2強SNS「LINE」と「Twitter」

この連載の一覧はこちら

「中高生はLINE」と誰もが考えますが、彼らはTwitterも大好きです。東京工科大学が2016年4月初旬に新入生に行ったアンケートによると、ソーシャル・ネットワークキング・サービス(SNS)利用率は、LINEが98%、次いでTwitterが81%です。さらに、友人との連絡手段としてもLINEの98%に次いで、Twitterのメッセージ機能が40%の人に利用されています。

Twitterは2006年に始まった古参のSNSなので、「ブームが来たときに登録し、そのまま使っていない」という大人も多いのではないでしょうか。しかし、中高生はスマホを手にしてLINEに登録すると、次はTwitterを始めます。それはなぜかというと、中高生なりの使い分けがあるからです。

では、中高生のTwitterを再現します。

A子「安定のゆみとスタバ!(SNOWでのツーショット自撮り)」
B子「らぶりつしたー。うける(絵文字)(絵文字)(絵文字)」
A子「あざまる(絵文字)(絵文字)」

通訳します。

A子「仲良しのゆみとスターバックスに来ました。2人の自分撮り写真をアプリで加工したのでご覧ください」
B子「“いいね”と“リツイート”をしました。おもしろいですね」
A子「ありがとうございます。」
次ページ中高生はなぜ「らぶりつ」するのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT