新型iPhoneの目玉機能はLINEのモノマネ?

LINEでうまくいった機能を時間差で取り込み

アップルは、米国サンフランシスコで開催されたWWDC2016で新OSを明らかにした(著者撮影)

アップルは、6月13日の「WWDC2016」で、秋に登場予定の新しいiPhone向けの新OS、「iOS 10」を発表した(関連記事)。基調講演の中で10にわたって新機能を紹介したが、その中で最も注目すべきは、まったく新たに生まれ変わる、最も基本的なアプリ「メッセージ」だった。

メッセージが「キラキラ」で「メガ盛り」に!

iPhoneの標準アプリ「メッセージ」には、電話番号でやり取りできる「SMS」と、電話番号やApple IDのメールアドレスでやり取りができる「iMessage」の2つの機能がある。

特に後者は、端末間でしか解けない暗号化や、グループメッセージなど、アップルのセキュリティとプライバシー重視の姿勢をアピールする1つの材料となっていた。写真やビデオ、音声などの添付は可能だったが、ごく一般的なメッセージアプリの域を出ない、「堅い」アプリだった。

だが、iOS 10のメッセージアプリは、まったく変わる。

絵文字の表現やスタンプなどの非言語メッセージの強化、写真や文字を含めた装飾性やインタラクション(対話形式)の追加、そして画面全体に広がるダイナミックなアニメーションが追加された。若々しく、エネルギッシュな表現力を手に入れて、生まれ変わったのだ。

もう少し世代を意識した言葉を使えば、「キラキラ」で「メガ盛り」。明らかに、若い世代に振り向いてもらおう、という狙いを見いだせる。

「メッセージ」の新機能を解説しよう。

次ページ新「メッセージ」の全機能を紹介!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT