最速レビュー!新MacOSが誇る5つの進化点

Siri検索ではMacらしい機能を搭載

6/13「WWDC16」で披露された「macOS Sierra」(筆者撮影)

アップルは年次開発者イベント「WWDC16」で、iPhone、Apple Watch、Apple TV、そしてMac向けの4つの新OSを披露した(関連記事)。このうち、Mac向けのOSである「macOS Sierra(シエラ)」について、先行レビューをお届けする。

なお、macOS Sierraは開発者向けのベータ版が公開されており、7月からは一般のユーザーも試せるパブリックベータ版が公開となる。正式版は9月に登場するとみられており、2009年後期モデル以降のMacBookシリーズ、2009年後期モデル以降のiMacシリーズなどで、無償で利用することができる。

筆者はmacOS Sierraを5日間ほど使用して、本稿を書いている。そのレビューを通じて感じたことは、既存のMacユーザーにとっての快適性に加えて、iPhoneユーザーがより便利に利用できるコンピュータとして、Macを磨き上げてきた点だ。

昨今、ビジネスの現場でもMacが利用されるようになったが、macOS Sierraは、そうしたビジネスでの活用に快適な性能を提供している。5つのポイントに絞って、macOS Sierraの新機能を紹介しよう。

1. Apple Watchでロック解除ができる

Apple Watchについては、エクササイズに励む人以外に、その活用方法を見いだしにくいとの指摘もあった。しかしmacOS Sierraとの組み合わせは、Apple Watchを「カギ」として活用する方法を提供してくれる。

それは、Macへの自動ログイン機能だ。

次ページログイン方法は簡単!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT