最速レビュー!新MacOSが誇る5つの進化点

Siri検索ではMacらしい機能を搭載

6/13「WWDC16」で披露された「macOS Sierra」(筆者撮影)

アップルは年次開発者イベント「WWDC16」で、iPhone、Apple Watch、Apple TV、そしてMac向けの4つの新OSを披露した(関連記事)。このうち、Mac向けのOSである「macOS Sierra(シエラ)」について、先行レビューをお届けする。

なお、macOS Sierraは開発者向けのベータ版が公開されており、7月からは一般のユーザーも試せるパブリックベータ版が公開となる。正式版は9月に登場するとみられており、2009年後期モデル以降のMacBookシリーズ、2009年後期モデル以降のiMacシリーズなどで、無償で利用することができる。

筆者はmacOS Sierraを5日間ほど使用して、本稿を書いている。そのレビューを通じて感じたことは、既存のMacユーザーにとっての快適性に加えて、iPhoneユーザーがより便利に利用できるコンピュータとして、Macを磨き上げてきた点だ。

昨今、ビジネスの現場でもMacが利用されるようになったが、macOS Sierraは、そうしたビジネスでの活用に快適な性能を提供している。5つのポイントに絞って、macOS Sierraの新機能を紹介しよう。

1. Apple Watchでロック解除ができる

Apple Watchについては、エクササイズに励む人以外に、その活用方法を見いだしにくいとの指摘もあった。しかしmacOS Sierraとの組み合わせは、Apple Watchを「カギ」として活用する方法を提供してくれる。

それは、Macへの自動ログイン機能だ。

次ページログイン方法は簡単!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT