新型iPhoneの目玉機能はLINEのモノマネ?

LINEでうまくいった機能を時間差で取り込み

LINEは7月に東京証券取引所とニューヨーク証券取引所での同時上場を迎えようとしている。正直なところ、筆者は、非常にタイミングが悪い上場になってしまうのではないかと考えている。ただでさえも、「LINEが今年最大の株式公開」と言われるほど、テクノロジー業界の株式公開はしぼんでいる時期だ。

そして、前述のように、グーグル、フェイスブック、アップルともに、すでにメッセージアプリに力を入れ始めている。今後、LINEを取り巻く経営環境は厳しくなっていく。

日本で生まれた「盗むべき」サービス

結果として、よくも悪くも「アジアで人気のメッセージアプリ」という域を抜けることはないだろうとの見方が多い。

いい面は、1990年代、ケータイの時代から先進的なモバイル活用を進めてきた日本で生まれた「センスのいい、学ぶべき(盗むべき)サービス」という位置付けだ。悪い面は、「自分たち(米国)には関係ないサービス」である、という点である。

つまり、シリコンバレーの企業からすれば、LINEがメッセージアプリで試す先進的な取り組みを観察しておいて、うまくいったものを世界の市場で時間差で取り入れれば、それで十分なのだ。

もちろんLINEは韓国資本の企業であり、その点では純粋な日本企業よりもグローバル市場に一歩近いポジションだ。しかし、それでもシリコンバレー企業にとっては、「関係のないもの」と思われてしまう存在なのである。ニューヨーク同時上場という"離れ技"を使っても、この壁を超えるのは至難といわざるをえない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。