ヤバすぎる中高生LINEプロフィールの裏側

なぜ彼女たちは名前を頻繁に変えるのか

中高生の「LINEプロフィール」には大人とはまったく違う世界がある(著者撮影)
中高生にとって、LINEの「プロフィール」は大切な自己表現の場です。名前、プロフィール画像、ホーム画像、ステータスメッセージ、そしてBGM。この5カ所でいかに自分を表現するか、そこが腕の見せどころです。
彼らのプロフィールには、大人とは違う独自の世界があります。そこには、甘酸っぱい青春時代を思い出すものも……。ではさっそく中高生のLINEプロフィールの実態を見ていきましょう。

 

この連載の一覧はこちら

大人がLINEに登録すると、最初に悩むのがプロフィール写真です。自分の顔写真は使いたくないし、特に気に入っている写真もないしで、とりあえず風景やペットの写真を設定し、そのままにしている人は多いでしょう。中には設定せず、顔のないイラスト画像のままという人もいます。

トプ画、ホーム画はどんどん変更!

LINEの自分を演出するトプ画とホーム画。BGMも設定できる

これは中高生からすると考えられない事態です。中高生が「トプ画」と呼ぶプロフィール写真は、LINE上で自分の代わりとなる重要な画像です。自分の個性や主張をたった1枚の画像に込めなければなりません。

でもアピールしたいことは、日々変わっていきます。そこで、トプ画を頻繁に変更するのです。

トプ画の背景となる「ホーム画(ホーム写真)」も同じぐらい大切です。トプ画よりも大きな画像が設定できるので、文字入りの画像やコラージュ画像を置ける貴重なスペースです。トプ画を変えたらホーム画像も合わせて変更し、服をコーディネートするように楽しみます。

次ページ変えるのは画像だけではない
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。