アマゾン大セール、配送爆増に耐えられるか

今年は30時間、中国ユーザーの動向も大注目

今年は開催期間が30時間に延びている。日本では10日夜と11日夜がピークになりそうだ(写真:アマゾンホームページより)

テレビ9万台、靴100万足、おもちゃ200万個――。

たった1日でこれだけの商品が売れていく、年に一度のアマゾン「プライム会員」(日本では税込み年額3900円)向け巨大セール「プライムデー」。今年は7月10日18時から11日24時までと、昨年より6時間長い30時間にわたって開催される。

プライムデーは今年で3回目。開催国は日本や米国、英国、ドイツなどの欧米諸国に今年から中国、インド、メキシコが加わり13カ国となった。

10日と11日の夜がセールのヤマ場に

「プライムデーは、すべての商品カテゴリーが注力分野だ」。米アマゾン本社で全世界のプライム事業を統括するグレッグ・グリーリー副社長はこう宣言する。

実際、セール対象商品は、自動車、宝飾品、一眼レフカメラなどの高額品から、パソコン、スマートフォン、ゲーム機器などの電化製品、さらに食品、飲料、日用品、衣料品まで、全世界で数十万点をそろえている。

日本においては、カテゴリーや商品数を充実させるとともに「売り切れが発生しないよう、在庫を厚く確保することに全社を挙げて注力した」。アマゾンジャパンの紣川謙(かせがわ・けん)プライム統括事業本部長も自信をのぞかせる。

今年は開催期間が30時間に延びたことで、夕方から夜にかけてアクセスが集中する時間帯が10日、11日と2回訪れる。品切ればかりになっては顧客満足度を下げてしまい、アマゾンにとっても機会ロスになる。そのため、在庫確保には昨年以上に気を遣っているわけだ。

次ページアマゾン依存度をどう高める?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。