日本上陸!アマゾン生鮮便に「死角」はないか

トマト1個から超高級店のこだわり食品まで

ついに上陸したAmazon フレッシュ。プライム会員ならすぐに使える(写真:アマゾンジャパン)

ネット業界、小売業界を中心に大きな注目を集めているサービスが4月21日、ついに日本上陸を果たした。ネット通販(EC)世界最大手のアマゾンが手掛ける食料品配達サービス「Amazon フレッシュ」だ。

同サービスはアマゾンのプライム会員(年額3900円)向けに、別途月額500円で提供するもの。1回の注文あたり配送料500円が必要だが、買い物金額が合計6000円以上の場合はこれが無料になる。最短でその日のうちに商品を受け取ることができる。

日本は米国、英国に次いで3番目

対象商品は野菜や精肉などの生鮮食品、豆腐やパン、惣菜などの加工食品、さらには日用品や文房具などを含め10万点以上。アマゾンジャパンにおける食品・飲料の取り扱い自体は2008年からスタートしているが、今回生鮮食品などが加わり、品ぞろえは大幅に拡大する。

アマゾンフレッシュの商品は川崎の物流センターから運ばれる(写真:アマゾンジャパン)

アマゾンは2007年に米シアトルでこのサービスをスタート。現在は10あまりの拠点を設置し、ニューヨーク、スタンフォード(カリフォルニア州)、トレントン(ニュージャージー州)などに展開エリアを拡大している。

昨年6月には英国のロンドン近郊でも開始、日本はこれに次ぐ3カ国目の展開となった。まずは港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区で始め、徐々に対象エリアを拡大する公算だ。

アマゾンフレッシュの最大のウリは、なんと言っても10万点超という品ぞろえだろう。上記の基本ラインナップ以外に、週に2回開催する「新鮮市」では契約農家から仕入れた野菜、その日の朝に築地で加工された鮮魚なども扱う。ユーザーが届いた商品の鮮度に満足できない場合は代金を返金する「鮮度保障プログラム」も導入した。

次ページ「堂島ロール」も配送
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT