「アマゾンダッシュボタン」は何が便利なのか

今でも便利だが、さらに進化の余地がある

「Amazon Dash Button」を冷蔵庫に張っておけば、飲料がなくなったらすぐ注文できる(著者撮影)

日用品の買い物にネット通販を使っているという人は多いはず。特にアマゾンは、プライム会員になると、最短で当日、注文した商品が届くという圧倒的なスピードが魅力だ。

そんなアマゾンから、ちょっと面白い商品が登場した。それが12月5日に日本でのサービスが始まった「Amazon Dash Button(アマゾンダッシュボタン)」だ。アマゾンの本拠である米国では2015年3年31月にスタートしたサービスだが、約1年8カ月遅れで日本にもお目見えした。

アマゾンダッシュボタンはWi-Fi接続機能と、2つのボタンを搭載した小さなIoT(Internet of Things、物のインターネット)機器。ボタンを押すだけで、自宅のWi-Fiを経由してアマゾンのサーバーに事前に設定した商品を注文できる。

「買い忘れ」がなくなる!

この連載の一覧はこちら

これまでは、食材や日用品などの残りが少なくなったらメモ書きをして、そのメモを見ながら買い物をするのが一般的だった。今では、アマゾンをはじめとしたネット通販が普及したことで、スーパーに行くことなく、パソコンやスマートフォンから、欲しい商品を購入できるようになったのだ。

アマゾンダッシュボタンはさらにもう1歩進む。商品が少なくなったり、なくなったりしたら、その場でボタンを押す。たったそれだけで、最短で当日、その商品が自宅に届くのだ。

現在、計42種類をラインナップする「Amazon Dash Button」(写真:アマゾン公式サイトより)

アマゾンダッシュボタンの価格は500円。購入したい商品ごとに1つ必要だが、初回注文時に500円割引きとなるため、実質は無料というわけだ。

現在、日本のアマゾンで用意されているのは、洗剤などの日用品が12種類。カミソリの刃やマウスウォッシュなどのドラッグストア商品が9種類、そして、食品・飲料が11種、そのほか美容関連7種類、ペット関連2種類、ベビー1種類で全42種類となっている。すでに北米市場では、150以上のアマゾンダッシュボタンがラインナップされているため、日本向けもさらに増加していくと予想できる。

次ページ実際に使ってみたところ……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。