忙しすぎる朝に活躍する「時短家電」は、これだ

朝食を素早く用意するのに役立つ3つの製品

約2分でトーストが焼けるアラジンの「グラファイトトースター」(実勢価格1万2800円)

朝は少しでも有効に時間を使いたい。毎朝朝食を取ることが大切だとわかっていても、つい食べないで出勤したり、コンビニで済ませてしまう人も少なくないだろう。

この連載の一覧はこちら

今回紹介するのは、手間なく、短時間で朝食を用意できる「時短家電」3製品だ。香り豊かな挽き立ての味が楽しめるコーヒーマシン。ハイパワーで氷も砕け、保存が簡単なブレンダー。そして、0.2秒で焼き始めるトースター。これらを活用すればもう少し朝に余裕が生まれるかもしれない。

0.2秒で加熱が始まるトースター

表面がカリッ、中がしっとりしたトーストを1分でも早く食べたい人。そんな人にぴったりなのが、アラジンの「グラファイトトースター」(実勢価格1万2800円)だ。これなら、約2分でカリッとパンの表面を焦がすことができる。

一般的にトースターは庫内の上下に発熱するガラス管が設置されており、これらが庫内の温度を高めるとともに、パンの表面を焼いていく。パンを焼くときにカギとなるのが、このガラス管の性能だ。同モデルでは特許技術である「遠赤グラファイト」を熱源に使用。ダイヤルを回すと0.2秒で発熱し、素早くパンを焼くことができるのだ。

実はこの性能がパンのおいしさにも一役買っている。

次ページ速さがなぜパンのおいしさにつながるのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。