忙しすぎる朝に活躍する「時短家電」は、これだ

朝食を素早く用意するのに役立つ3つの製品

約2分でトーストが焼けるアラジンの「グラファイトトースター」(実勢価格1万2800円)

朝は少しでも有効に時間を使いたい。毎朝朝食を取ることが大切だとわかっていても、つい食べないで出勤したり、コンビニで済ませてしまう人も少なくないだろう。

この連載の一覧はこちら

今回紹介するのは、手間なく、短時間で朝食を用意できる「時短家電」3製品だ。香り豊かな挽き立ての味が楽しめるコーヒーマシン。ハイパワーで氷も砕け、保存が簡単なブレンダー。そして、0.2秒で焼き始めるトースター。これらを活用すればもう少し朝に余裕が生まれるかもしれない。

0.2秒で加熱が始まるトースター

表面がカリッ、中がしっとりしたトーストを1分でも早く食べたい人。そんな人にぴったりなのが、アラジンの「グラファイトトースター」(実勢価格1万2800円)だ。これなら、約2分でカリッとパンの表面を焦がすことができる。

一般的にトースターは庫内の上下に発熱するガラス管が設置されており、これらが庫内の温度を高めるとともに、パンの表面を焼いていく。パンを焼くときにカギとなるのが、このガラス管の性能だ。同モデルでは特許技術である「遠赤グラファイト」を熱源に使用。ダイヤルを回すと0.2秒で発熱し、素早くパンを焼くことができるのだ。

実はこの性能がパンのおいしさにも一役買っている。

次ページ速さがなぜパンのおいしさにつながるのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。