「たこ焼き器」は食卓に革命を起こしていた

食コミュニケーションを後押しするツールに

BRUNOのたこ焼きプレートを使ったアヒージョ。アイデア次第でレシピが広がるのが人気の秘密(写真提供:イデアインターナショナル)

いま家庭でたこ焼き器が人気だ。と聞くと、「たこ焼き」が人気だと想像する人が多いのではないだろうか。実は、家庭用調理家電・たこ焼き器を使った「たこ焼き以外のメニュー」が、ブレイクしている。きっかけは、2014年3月に発売された、おしゃれでコンパクトなBRUNOのたこ焼き器プレートのついたホットプレート。なんと現在、累計売上台数が20万台を突破したという。たこ焼き器といえばたこ焼き、そして関西ローカルのものというイメージはこの1~2年であっという間に崩れたのである。

たこ焼き器でオムライス、シューマイも

上のイラストをクリックするとクックパッドニュースにジャンプします

クックパッドでたこ焼き器を使ったレシピが人気になり始めたのは2014年12月~2015年1月ごろだ。

「たこ焼き器」という言葉の検索頻度も、2014年に比べて2015年には2.7倍、2015年に比べて2016年には1.52倍と(つまりこの2年で4.23倍)、年々増加している。

きっかけは、たこ焼き器で作るアヒージョを紹介したクックパッドニュースだった。

なんとシューマイまでたこ焼き器で作れることが判明(上の画像をクリックするとクックパッドのレシピにジャンプします)

油ハネなどの注意点はあるが、人気のアヒージョがたこ焼き器で作れることで、「たこ焼き器=たこ焼きしか作れない家電」というイメージが覆ったのだ。

それをきっかけに、すでに投稿されていたたこ焼き器でつくるたこ焼き以外のレシピたちが、次々と注目を浴びていくようになる。

次ページみんなでワイワイできる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT