「たこ焼き器」は食卓に革命を起こしていた

食コミュニケーションを後押しするツールに

BRUNOのたこ焼きプレートを使ったアヒージョ。アイデア次第でレシピが広がるのが人気の秘密(写真提供:イデアインターナショナル)

いま家庭でたこ焼き器が人気だ。と聞くと、「たこ焼き」が人気だと想像する人が多いのではないだろうか。実は、家庭用調理家電・たこ焼き器を使った「たこ焼き以外のメニュー」が、ブレイクしている。きっかけは、2014年3月に発売された、おしゃれでコンパクトなBRUNOのたこ焼き器プレートのついたホットプレート。なんと現在、累計売上台数が20万台を突破したという。たこ焼き器といえばたこ焼き、そして関西ローカルのものというイメージはこの1~2年であっという間に崩れたのである。

たこ焼き器でオムライス、シューマイも

上のイラストをクリックするとクックパッドニュースにジャンプします

クックパッドでたこ焼き器を使ったレシピが人気になり始めたのは2014年12月~2015年1月ごろだ。

「たこ焼き器」という言葉の検索頻度も、2014年に比べて2015年には2.7倍、2015年に比べて2016年には1.52倍と(つまりこの2年で4.23倍)、年々増加している。

きっかけは、たこ焼き器で作るアヒージョを紹介したクックパッドニュースだった。

なんとシューマイまでたこ焼き器で作れることが判明(上の画像をクリックするとクックパッドのレシピにジャンプします)

油ハネなどの注意点はあるが、人気のアヒージョがたこ焼き器で作れることで、「たこ焼き器=たこ焼きしか作れない家電」というイメージが覆ったのだ。

それをきっかけに、すでに投稿されていたたこ焼き器でつくるたこ焼き以外のレシピたちが、次々と注目を浴びていくようになる。

次ページみんなでワイワイできる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。