食品各社が勝負!「注ぎ口」イノベーション

味や量だけじゃない

使いやすさが求められている時代。各社はどのように改革をしているのだろうか(写真 :dorry / PIXTA)
いまや味や量だけではなく、パッケージやユーザビリティー(使いやすさ)で食品が選ばれる時代。各社は「注ぎ口」でも変革を迫られている。

 

小麦粉といえば、ひと昔前までは1キロの紙袋タイプが主流だった。ホワイトソースをつくるとき、紙袋から大さじすり切り1杯を取り出し、粉まみれの手で木ベラで牛乳と一生懸命に混ぜたのに、ダマができてしまった……。そんな経験をお持ちの方も多いのではないだろうか。こうした悩みを解消したのが、日清製粉グループの「クッキングフラワー」。調味料のようにひと振りもできる注ぎ口が特徴だ。3年半の開発期間を経て、昨年2月に発売された。

「お客様がレシピを参考にして料理をするとき、『小麦粉少々』を面倒だから省略するという話を聞き、ショックでした」

日清フーズ営業グループの水田成保(なるやす)さん(34)は、開発に至った経緯をそう語る。小麦粉は料理では脇役だが、「ちょっとの手間」でおいしくなるのも事実。そこで消費者が小麦粉を使う回数と一度に使う量を調査したところ、トンカツなどの打ち粉として少量使用する頻度が高いことがわかった。容量も少なめを好む傾向があり、「少量で使いやすくムダがない」を開発コンセプトに据えた。

パッケージ開発にあたっては、スーパーの店頭に陳列されたあらゆる商品を購入して研究。大さじがラクに入る「すり切り口」は、粉ミルクを参考にした。容器の形は30種類ほど試作。モニター調査での「振りたいところに振れない」「振りたい量が出てこない」などさまざまな要望を参考に、最終的には直径5ミリ×5穴がベストという結論にたどり着いた。

粒の大きさを均一化

直径5ミリ×5穴がベストだ

容器や注ぎ口だけでなく、中身の小麦粉も改良した。開発グループリーダーの榊原通宏さん(41)によれば、

「穴の大きさと粉の粒度に徹底的にこだわり、100種類以上試作を重ね、振り出しやすさと溶けやすさを両立させました」

次ページキッコーマン食品の「いつでも新鮮」シリーズが好調な理由
人気記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。