ヨドバシのネット通販が超速配達できるワケ

「最短2時間30分以内に配送」の仕組みとは?

配達車のデザインは独自のものを採用(撮影:梅谷秀司)

アマゾンのプライム ナウに代表されるように、インターネット通販における時間単位の配達スピード競争は熱を帯びている。

「最短2時間30分以内」を売りにしているのが、家電量販大手のヨドバシカメラだ。「ヨドバシエクストリーム」(以下、エクストリーム便)は2016年9月に同社のネット通販サイトで始まった。東京23区が主な対象地域で、あらかじめ住所を登録しておくと「本日21時までにヨドバシエクストリームサービス便がお届け」というように配達時刻が画面に表示される。

日本全国9割超で翌日配送の体制を整備

注文後の商品の状況も、「クレジットカード決済が終わりました」「商品を出荷しました」「配達を開始します。20時30分頃お届けです」と逐一メールで伝えてくれる。商品によって若干異なるが、エクストリーム便でなくても、離島などを除く日本全国9割超の地域で翌日に配送する体制は整っている。

週刊東洋経済2月27日発売号(3月4日号)では課題が山積する物流業界について38ページにわたる特集を掲載しています。雑誌をお買い求めの上、お読みください(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

ヨドバシは東京・秋葉原や大阪・梅田など都市部の駅前に大型店を構え、全国に23店舗を展開している。2015年度の売上高は6796億円、経常利益は512億円。売上高は業界4位だが、経常利益率は同業他社が3%前後で推移する中、7%を超える高収益企業だ。

1997年に開始したネット通販にも力を入れている。売上高は右肩上がりで1000億円を超え、ヨドバシ最大の旗艦店である梅田を上回る規模になった。

家電以外にも食品や飲料、日用品、化粧品、文房具、書籍など品ぞろえは多く、商品点数は450万点を超える。そのうちエクストリーム便で注文できる商品は約10%に当たる約43万点と、プライム ナウの約6万5000点以上を大きく上回る。購入金額に関係なく配達料は無料だ。

売上高構成比は、単価が高い分、家電の占める割合が大きいが、さまざまな商品が売れており、女性の利用者も多いという。

次ページ配達員は自社で採用、人力で融通を利かせる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT