ヨドバシのネット通販が超速配達できるワケ

「最短2時間30分以内に配送」の仕組みとは?

「お客さんにできるだけ合わせるようにしたい。システムがまだ出来上がっていないというのもあって、配達の調整は人力で行っている。自社の配達員が今どこにいるのかリアルタイムでわかるようにしてあるので、融通を利かせやすい」(藤沢副社長)

『週刊東洋経済』の会員制サービス「週刊東洋経済プラス」では本記事に含まれる図表を無料でご覧いただけます。さらにプラス会員(有料)にご登録いただくと、今週号『物流が壊れる』の全記事をお読みいただけます

とはいえ、エクストリーム便はまだまだ発展途上だ。再配達の融通は利いても、最初の配達では対応できていない。注文後、何時ごろに届くかはわかっても、ヨドバシが目指している、顧客が届けてほしい時間を細かく指定することはできないのだ。

「方法はいろいろあって、社内で検討している」(藤沢副社長)。たとえば商品を注文した後、帰宅途中で自宅の最寄りの駅に着いてから「15分後に商品を届けてほしい」とヨドバシに連絡すると家に着くと同時に商品を受け取れる、といった形が考えられる。電話による連絡ではなく、ヨドバシのスマートフォンアプリを活用する手もある。顧客が確実に受け取れるようになれば、コストがかかる再配達を減らすこともできる。

川崎の拠点を拡張中、品ぞろえはさらに拡大

ヨドバシは物流の重要拠点である川崎のセンターを拡張する工事を行っている。完成すれば扱える商品点数を増やせるようになり、ネット通販の品ぞろえも今以上に充実することになる。東海地方でも新設したセンターが稼働を始めるなど、物流には積極的に投資している。

エクストリーム便についても、大阪をはじめ、対象となるエリアを広げる意向を持っている。

「うちは実店舗もネット通販もやっているが、日本で両方うまくやっているという例はあまりない。商品知識や店作りなどを充実させて店に来て楽しい、店に来られなくてもネット通販で楽しめるというように、それぞれの魅力をもっと追求していかないといけない」(藤沢副社長)

家電量販店の枠を超えて突き進もうとするヨドバシの挑戦は続く。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。