アマゾン大セール、配送爆増に耐えられるか

今年は30時間、中国ユーザーの動向も大注目

一大イベントに向けさまざまな準備を進めてきたアマゾンだが、不安をぬぐえない面もある。日時指定便で配送の遅延が発生していることだ。

6月下旬ごろから、一部のアマゾンユーザーが「指定日時に荷物が届かない」「商品が届いていないのに(追跡システムで確認すると)配達完了になっている」など、ネットへの書き込み等で不満の声を上げている。アマゾン側も、一部の配送において遅延が発生していることを認めている。

激増する配送量に耐えられるのか?

こうしたトラブルは、「デリバリープロバイダ」と呼ばれる地域限定配送業者が配送を担う場合に発生している例が多いようだ。

ヤマト運輸はアマゾンの当日配送の請負を徐々に縮小しているもようだ(撮影:大澤誠)

宅配大手のヤマト運輸はドライバーの負担軽減に邁進しており、アマゾンの当日配送の請負を徐々に縮小、ひいては撤退することを視野に入れているとみられる。そんな中、デリバリープロバイダは今後、アマゾンの配送を支えるための“生命線”になりうるのだが、あまりに心もとない。

プライムデーで激増が見込まれる配送量に懸念はないのか。アマゾンは詳細を明かさず、「各配送パートナーと協議しながら、最高のサービスを提供できるよう準備をしている」と回答するのみだ。

日本国内で右肩上がりに成長してきたアマゾン。今年のプライムデーはユーザーだけでなく、世間一般から広く注目を集めそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT