「ボキャ貧」家庭の子は大体、国語で苦労する

どうすれば状況を変えられる?

国語を得意にするには、ボキャブラリーを増やすことが重要。でもいったいどうすれば?(写真 : HAteruma / PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

中学受験を考えている小4の子どもがいる母親です。国語が伸び悩んでいて困っています。これまで読書もそれほどしてきませんでしたし、漢字の練習はほどほどといったところです。読解問題では文章の構造というよりも、言葉の意味がわからないために読めていないような気がします。漠然とした質問で申し訳ありませんが、このような状況でどのように国語を伸ばしていったらよいでしょうか。
(仮名:阿部さん)

日常生活の中で国語力を伸ばすには

この連載の記事一覧はこちら

国語ができないという質問は過去たくさん受けてきました。国語は重要な科目でありながら、解法を明確には理解しづらく、漠然とした感覚に委ねられてしまっている場合がよくあります。そうしたこともあって、国語ができないという子は非常にたくさんいるのですね。

国語力(読解力)を伸ばす方法について、筆者はこれまでいくつも記事を書いてきましたが、今回は日常生活の中で簡単に取り組める方法についてお話ししようと思います。

世の中には、さまざまな家庭がありますが、プライベートな世界で、覗き見ることはできません。他の家庭の内部との比較ができないため、全ての人といってもいいぐらいの多くの人が、「自分の家庭はスタンダードである」と思っているのではないでしょうか。

しかし、おそらく実態はかなり異なっていることでしょう。育ちも性格も、趣味や嗜好も異なるのが人間ですから、そのような個性を持った人が形成する家族は、さらに多様でしょう。

次ページボキャブラリーが豊富であると…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。