「大人の語彙力」はなぜ急速に失われたのか

「ぶっちゃけ」を丁寧に言えますか?

大人の語彙力とはいかにあるべきか(写真 : xiangtao / PIXTA)
メールやSNS全盛の世の中、日常でも仕事でもくだけた言葉遣いが増えています。カジュアルな表現は相手に親近感を持たせることもありますが、行きすぎると「この人に仕事をまかせていいのか」などと心配になることも。
大人の語彙力とはいかにあるべきか。明治大学文学部教授・齋藤孝先生に聞いた。

大人の「語彙力」が危機的状況だ

今、大人の言葉遣いが問題になっています。子どもっぽい話し方をしている、社会人らしく見えない。そして、そのことで損をしてしまう。そういう方は増えているように思います。

就職活動の際、あまりにも学生言葉、子どもっぽい言葉遣いをしてしまうと、「この人は社会に出すにはちょっと不安である」「その教育を担うだけの余裕がうちの会社にはない」というふうに判断をされて不利になることもあります。

メールのやりとりが仕事の中心になってきていることも、大人の語彙力が減っている背景にあるように思います。

メールでの言葉遣いというのは、ちょうど書き言葉と話し言葉が混ざったような新しい文体の文章です。純粋な書き言葉と違って、メールというのは話し言葉のような気安さもちょっと含んでいます。

話し言葉の伝統と書き言葉の伝統の重なる部分が、ちょうど今メールという形で非常に拡大してきているのです。

“きちんとした大人の言葉遣い”という点で、ベースになるべきは、書き言葉です。しかし、今SNSなどで話し言葉で文をつくる傾向があるので、それが失われつつあるように思います。

次ページ語彙力を高めるには
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。