読み書きを鍛えるのに「要約」が最強なワケ

新聞や書籍で簡単に練習できる

この分類を掛け合わせると、

・知性×ストック(学術書、哲学書、普遍的なテーマのビジネス書など)
・知性×フロー(トレンドの話題や人のビジネス書、ビジネス系雑誌など)
・感性×ストック(小説、詩歌など)
・感性×フロー(軽めのエッセイ、ライフスタイル誌など)

という4領域に分けられます。本を選ぶときに、このバランスが大体取れるように心がけています。「最近はビジネス書(知性×フロー)ばかりで、ちょっと近視眼的になっている気がする……よし、前に買っておいたあの小説(感性×ストック)を読もう」という次第です。

自分で書いて始めて、他人の文章を評価できる

ストックの重い読書ばかりでなく、心理的負担の軽いフローの読書も採り入れる。ある領域に疲れたら別の領域に移る。そういう工夫で、全体として読書を続けている状態を作るようにするわけです。

読解力を培ううえで、実は良い方法が、自分でも文章を書いてみることです。実際にやってみることで初めてわかることというものは多いものです。

・どうしてこんな文体を取るのか
・どうしてこんな文章構成なのか

など。自分が書くからこそ、他の人の文章の技術に気づきやすくなり、まねできる手本が増えます。

『大人に必要な「読解力」がきちんと身につく 読みトレ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

また、書く側に回ってこそ、書き手の工夫や苦悩が感じられるようになるのです。私も昔は、他人の書いた文章を読んで、「何だコレ、プロならもっとうまく書けるだろうに……」とよく毒づいていました。内心、「私のほうが絶対うまいんだけど」とイライラしていました。

ただし、自分がコラムや書籍を執筆するようになって、「きっとこういう事情があって、こういう表現にしたんだろうな」などと想像をすることができるようになりました。

自分で文章を書いてみると、どれぐらい時間を費やすものなのか、どれだけ悩むものなのかを実感できるのです。そうすると、他人が書いた文章に対するリスペクト(尊敬・尊重)の気持ちも出てきます。その人がどれだけの手間暇をかけて書いたのかを想像すれば、脊髄反射的に拒否・反発するような態度を取らなくなるはずです。

「せっかく誰かが手間暇をかけて書いた文章なのだから、何かを伝えようとしたのか、読んでみようではないか」――そうやって何とか理解しようという思いで文章に向き合うことが、読解力の出発点であり、芯なのだと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。