「地方女子は進学しなくていい」風潮は本当か

データで読み解く「男女の大学進学率」の差

今日における進学率の男女差とは。統計学の視点からその背景をさぐる(写真:sasaki106/PIXTA)

客観的な統計データをもとに都道府県を比較分析する「データで読み解く」シリーズ、第2回は「女性の大学進学率」がテーマです。このテーマでは、今年10月に、朝日新聞デジタルの『「女が大学なんて」進学させぬ風潮、背景にある経済格差』という記事が話題になりました。すでにご存じの方も多いかもしれません。

この記事のタイトルにある「風潮」は、以下の引用部分で端的に示されています。

地方などでは「娘は無理して大学に行かせなくても……」といった考えが根強くあるとされる。

古くはノンフィクション小説の『あゝ野麦峠』や、朝の連続テレビドラマ「おしん」で描かれたように、地方の女性は学びたくても学ばせてもらえず、働きに出されるイメージがたしかにあります。が、本当に地方では女子は進学できないのか、もう少し掘り下げてみましょう。

四年生大学の「男女別進学率」

地方の女子の大学事情を分析するにあたり忘れてならない存在に、短期大学があります。その理由は後述しますが、地方の女子が四年制大学に進学するには学力以外のハードルがあり、短期大学がこれをカバーしているからです。

次ページ四年制大学における進学率の男女差は
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT