「地方女子は進学しなくていい」風潮は本当か

データで読み解く「男女の大学進学率」の差

今日における進学率の男女差とは。統計学の視点からその背景をさぐる(写真:sasaki106/PIXTA)

客観的な統計データをもとに都道府県を比較分析する「データで読み解く」シリーズ、第2回は「女性の大学進学率」がテーマです。このテーマでは、今年10月に、朝日新聞デジタルの『「女が大学なんて」進学させぬ風潮、背景にある経済格差』という記事が話題になりました。すでにご存じの方も多いかもしれません。

この記事のタイトルにある「風潮」は、以下の引用部分で端的に示されています。

地方などでは「娘は無理して大学に行かせなくても……」といった考えが根強くあるとされる。

古くはノンフィクション小説の『あゝ野麦峠』や、朝の連続テレビドラマ「おしん」で描かれたように、地方の女性は学びたくても学ばせてもらえず、働きに出されるイメージがたしかにあります。が、本当に地方では女子は進学できないのか、もう少し掘り下げてみましょう。

四年生大学の「男女別進学率」

地方の女子の大学事情を分析するにあたり忘れてならない存在に、短期大学があります。その理由は後述しますが、地方の女子が四年制大学に進学するには学力以外のハードルがあり、短期大学がこれをカバーしているからです。

次ページ四年制大学における進学率の男女差は
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。