「地方女子は進学しなくていい」風潮は本当か

データで読み解く「男女の大学進学率」の差

今日における進学率の男女差とは。統計学の視点からその背景をさぐる(写真:sasaki106/PIXTA)

客観的な統計データをもとに都道府県を比較分析する「データで読み解く」シリーズ、第2回は「女性の大学進学率」がテーマです。このテーマでは、今年10月に、朝日新聞デジタルの『「女が大学なんて」進学させぬ風潮、背景にある経済格差』という記事が話題になりました。すでにご存じの方も多いかもしれません。

この記事のタイトルにある「風潮」は、以下の引用部分で端的に示されています。

地方などでは「娘は無理して大学に行かせなくても……」といった考えが根強くあるとされる。

古くはノンフィクション小説の『あゝ野麦峠』や、朝の連続テレビドラマ「おしん」で描かれたように、地方の女性は学びたくても学ばせてもらえず、働きに出されるイメージがたしかにあります。が、本当に地方では女子は進学できないのか、もう少し掘り下げてみましょう。

四年生大学の「男女別進学率」

地方の女子の大学事情を分析するにあたり忘れてならない存在に、短期大学があります。その理由は後述しますが、地方の女子が四年制大学に進学するには学力以外のハードルがあり、短期大学がこれをカバーしているからです。

次ページ四年制大学における進学率の男女差は
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT