寄付金収入が多い私立大学157校ランキング

寄付金1億円以上を列挙、1位慶應、2位創価

寄付金の多い私立大学で1位になったのは慶應義塾。写真は三田キャンパス東門(写真:YNS / PIXTA)

私立大学の収入の柱は、学生が支払う入学金や授業料といった学費である。だが少子化が進む中、定員割れの状態になると、財政基盤が一気に揺らぐ。また大規模大学を中心に、入学定員の厳格化が文部科学省の政策として進められており、学生数の減少=減収要因となっている。国や自治体からの補助金なども得ているが、当然、それだけでは賄いきれない。

「週刊東洋経済臨時増刊 本当に強い大学2018」(東洋経済新報社)。書影をクリックするとアマゾンの販売サイトにジャンプします

こうした中、各大学は、外部資金の獲得に注力している。外部資金とは、研究受託などの事業収入や、資産運用による収入などが挙げられるが、大きいのが「寄付金」だ。

質の高い教育を実現するために、卒業生や在学生の保護者、大学関係者、企業などから寄付金を募っている。では各大学の寄付金の額はどの程度になっているのか? それを把握するために作成したのが、「寄付金が多い私立大学ランキング」だ。

寄付金の実績は、大学のホームページなどで開示されていることが多いが、今回は横並びで比較ができる財務諸表から、その金額を調べた。財務諸表の中で、寄付金の金額は、事業活動収支計算書と資金収支計算書に記載されている。事業活動収支計算書の場合、「教育目的」の寄付金と「施設整備」のための寄付金にわかれ、施設整備の寄付金は特別収入の部に入るので、公開データだけでは金額を読み取れない大学も少なくない。

寄付金は大学にとって重要な収益源

そこで今回は資金収支計算書の「寄付金収入」をランキングに使った。

資金収支計算書は文字どおり、資金の収支を把握するもので、基本的にキャッシュの収支と考えてもらえればいい。つまり、主に現金で得られた、寄付金の額ということになる。一方で、書籍の寄贈や施設の提供など、「現物寄付」は算入されていない。事業活動収支計算書には現物寄付が算入されているため、大学によって金額には大きな差があることをあらかじめご承知いただきたい。

次ページ3位はあの巨大メーカーの関連
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。