「利益を確保している私立大学」ランキング

文科省の指導強化を前に、稼いだ大学は?

2016年度決算で経常収支差額の金額が最も大きかった上智大学 (撮影:梅谷秀司)

文部科学省が私立大学への経営指導を強化する方針を示した。

7月下旬、文科省は所轄の各学校法人の理事長宛に、「学校法人運営調査における経営指導の充実について」という通知を送った。

「週刊東洋経済臨時増刊 本当に強い大学2018」(東洋経済新報社)。書影をクリックするとアマゾンの販売サイトにジャンプします

これは各私立大学の経営力を強化するために経営指導を充実していく方針を示した文書で、その中で、経営が悪化している大学については3年程度で実績があがるよう集中的にきめ細かい指導を実施するとしている。

同時にその対象となる目安として、「経営指導強化指標」というのを設定している。

具体的には、貸借対照表の運用資産(現預金、特定資産、有価証券の合計)が、外部負債(長短借入金、学校債、手形、未払金の合計)を下回っているか、それに加えて、事業活動収支計算書の経常収支差額が3年連続でマイナスになっているか、である。指導は2019年度から実施されるという。

重要な「経常収支差額」という指標

指標の中に入った「経常収支差額」は、「教育活動収支差額」(学生生徒等納付金などの教育活動収入から、研究経費や人件費などの教育活動支出を引いた額)と、利息や配当、利払いといった教育活動以外の収支を示す「教育活動外収支差額」(教育活動外収入−教育活動外支出)の合計値となる。

いってみればこの数字は、経常的な大学運営の収支状況がわかる数字で、マイナスが続いているということは、大学運営になにかしらの問題があるということになる。

当然、この経常収支差額のマイナスが続いている学校法人も相当数あるが、一方で収支がプラスでしっかりと利益を確保している学校法人も多い。そこで今回、この経常収支差額(2016年度)が多い(利益が多い)学校法人を順にならべ、「利益を確保している私立大学ランキング」を作成した。

次ページプラスなら大学経営は安定
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。