最新!「高校生が志願したい大学」ランキング

定員厳格化の影響で受験希望校に微妙な変化

昨年に引続き東海エリアで「志願したい大学」の1位となった、名城大学の天白キャンパス (写真:​天空のジュピター / PIXTA)

大学の受験環境はこの数年で大きな変化が起きている。

大学の入学者について、定員を厳格に守ることが求められているためだ。超過した場合は補助金がカットされるため、各大学は定員どおりの入学者に収まるよう、合格者数の難しい調整を行っている。一方、合格者を減らしていることで、都市部の大手大学を中心に軒並み難易度が上がっており、「少子化がさらに進み、受験環境は楽になるのでは」と数年前に言われていた状況とは、真逆になっている。

関東、東海、関西エリアごとに志望度を調査

そんな中で「高校3年生が志願したいと考える大学」はどこか――。

リクルートマーケティングパートナーズが運営するリクルート進学総研では、毎年この時期に「進学ブランド力調査」を発表している。関東、東海、関西の学校に通う高校3年生約8500人が、知っている大学や志願したい大学、各大学のイメージなどについて回答し、集計した結果をランキング形式でまとめている。今回、その中から、「高校生が志願したい大学」ランキングを掲載していきたい。

ランキングは、回答した高校生の通う地域ごとに、関東エリア、東海エリア、関西エリアに分けて算出。対象大学は、全国立大学と、学生数1000人以上の公立、私立大学、そして調査対象エリア内にある学校となっている。志願したい大学は、生徒が知っている大学から、4校を選ぶ形になっている。

4校にしているのは「受験する大学は平均でおよそ3校。興味のある4校に入らないと志願の選択肢に入らない」(リクルート進学総研の小林浩所長)ため。いってみれば、高校3年生が自分の学力や行きたい学部を吟味しながら、本気で受験したい、と思う大学が選ばれているということだ。

それぞれのエリアで、どの大学に対する志願度が高いのか、見ていこう。

次ページ関東の1位はあの大学
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GAFA全解剖<br>あらゆる産業をのみ込む4巨人

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとったGAFA(ガーファ)。もはやこの4社の名前を聞かない日はない。あらゆる産業や社会生活に影響を及ぼすデータ独占4巨人。その実力と戦略を解明する。