「面倒見がよい大学」トップ100ランキング

進学校の進路指導教諭による評価を集計

「面倒見がよい大学」で13年連続トップの金沢工業大学 (撮影:尾形文繁)

今年のセンター試験は、5教科7科目の平均点が昨年並みに落ち着き、国公立大学入試は大きな混乱はなかった。それに比べ私立大学は、今年も出願が好調だ。大学通信の集計では、主要100大学について志願者数を調べてみたところ、現段階で昨年と比較して、およそ8%も増えている。今年は高校卒業見込者が昨年に比べて約1万4000人、約1.3%減少しているにもかかわらず、この数字になっている。

早稲田大学、上智大学、明治大学、立教大学、中央大学、青山学院大学などの難関大学が志願者を増やしている。法政大は昨年、志願者数が過去最高を記録したが、今年はさらに増えた。出願を締め切っていない大学もかなりあるが、すでに昨年を上回っているところが多い。難関大で志願者が減ったのは慶應義塾大学ぐらいだ。昨年、志願者トップだった近畿大学も現在のところ昨年比マイナスだが、13万人を超えトップに立っている。今年も昨年に続き、6校が10万人超だから、私立大人気の高さがうかがえる。

文系私大の志願者数が増えている背景

なぜこんなに志願者数が増えているのか。1つの理由は、今年の入試でも文系人気が高く、理系人気が低い、“文高理低”の学部人気が続いているからだろう。

経済、経営、社会学部など、昨年人気だった学部は今年も人気だ。文系学部は国公立大より私立大のほうに多く設置され定員も多い。昼間部で比較すると、国公立大に経済学部は31校に設置されているが、私立大には91校にある。経営学部は国公立大では5校にしか設置されておらず、私立大には79校にある。

社会学部は、国立の一橋大学にしか設置されていないものの、私立大は20校にある。私立大は国公立大の3.4倍も校数があるが、人気の社会科学系学部は私立大学にたくさんあることがわかる。

次ページ私大志願者が増えたもう1つの理由は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。