公務員就職が多い大学トップ200ランキング

1位日本大、2位早稲田大、3位は北海道教育大

昨年に引き続き日本大学が公務員就職者数でトップに。写真は日本大学の三島キャンパス(編集部撮影)

大学生の「公務員」人気はまだまだ高いようだ。今年の公務員就職者トップ200校を、昨年の上位200校の人数と比べると、1705人、4.5%増えている。

今年大学を4年で卒業した学生の入学は2013年。2008年秋に起きたリーマンショックによる不況を中高生のときに経験している。こういった経験は少なからず職業選択に影響していると見られる。

また、卒業生が大学受験のときはまだまだ不況の影響が残っており、理系学部の人気は高く、文系学部の人気は低かった。今とは逆の“理高文低”の状況であり、理系学部の卒業生の就職は比較的堅調な反面、文系学部の卒業生は厳しい時代だった。

リーマンショックを経験、好況でも公務員志向

「就職四季報」特設サイトはこちら

入学時には、就職氷河期と同様に就職率が落ち込んでいたものの、卒業時には景気が回復し、文系学部卒業生の就職は好調になっている。大学通信の調べでは、「実就職率」(就職者数÷<卒業生数―大学院進学者>×100で算出)は、2012年の76.1%から今年は87.6%にまでアップ。そんな中でも公務員就職者が増えているのは、やはりそれまでの経験も影響しているのではないだろうか。”安定”を求めているのが人気の理由だろう。

それだけではない。受験時に強かった”地元”志向もある。「大学進学で地元の大学を選んだのだから就職も地元で」と考える大学生は少なくない。地元での就職を考えるにしても、安定を望む大学生に受け皿となる企業は少ない。文系大学生に人気の地方銀行も、再編の波にのまれ、先行きが不透明なところがある。その点、地方自治体は安定しており、人気の就職先だ。

次ページ「地元」「安定」がキーワード
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。