最新!「公務員年収ランキング」ワースト500

上位に過疎地域目立つが、500位でも550万円

姫島村は大分県の北東部に浮かぶ島にある、同県内で唯一の村だ(写真:ちょこわん / PIXTA)

東洋経済オンラインが4月26日に配信した「最新!『公務員年収ランキング』トップ500」には大きな反響が寄せられた。

今度は集計対象となった1786自治体の下位500のワーストランキングをお届けしよう。読者の一部からは「トップ500でランキングをすると、まるで500位が低いように見える」「給料の高い自治体ばかりではなく、高くない自治体の情報を知りたい」という声も聞かれ、それに応える意図もある。納税者なら当然気になるところだろう。

ランキングは、総務省が発表している「地方公務員給与実態調査」(2015年度版)に基づいている。諸手当を含む平均給与月額の12カ月分に、期末手当と勤勉手当を加えて算出した。地域差が大きい寒冷地手当は含めていない。今年のランキングは、都道府県と市区町村の職員の平均給与額を1つのランキングにして開示した。

島・村などが上位に目立つ

全自治体の平均年収は590万円。ランキング上位には島・村などの過疎地域が目立った。たとえば、1位の姫島村(平均年収415万円)は大分県の北東部に浮かぶ島で、同県内では唯一の村だ。人口は2000人ほどで、漁業を主な産業としている。姫島村では村民の雇用先を確保するために、村が率先してワークシェアリングを推進し、職員の給与を低く抑えて、なるべく多くの職員を雇う取り組みを行っている。

一方で、ワースト500の自治体でも平均年収は550万円。多くが都市部から離れた地域で、それらの地域の一般的な企業の平均よりも水準が高いとみられる。何かと出費のかさむ都心暮らしに比べれば生活コストは安く済むため、ゆとりのある暮らしをしている地方公務員は少なくない。

次ページまずは1~50位
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT