業種別年収ランキング、全職種平均は5万円減の456万円、景気低迷で2年連続減少に

業種別年収ランキング、全職種平均は5万円減の456万円、景気低迷で2年連続減少に

2008年秋の“リーマンショック”に端を発した不況の影響で、全職種の平均年収は前年比5万円減少し456万円となった。昨年との比較が可能な58職種のうち、37職種で平均年収が減少している。

12月8日、人材サービス会社インテリジェンスが「DODA 職種別平均年収ランキング2009-2010年版」を発表した。

年収総合ランキングでは、3年連続、「投資銀行業務」が880万円で第1位。第2位は「運用会社(ファンドマネジャー・アナリスト・ディーラー)」(847万円)、第3位「法人営業(メガバンク・地方銀行・証券)」(716万円)と続き、上位3職種を金融系が占める結果となった。

上位10社のうちの金融以外は「ITコンサルタント」、「MR」、「セールスエンジニア」など前年と似たような顔ぶれ。上位10社の中で前年よりも年収を下げた職種は「経営企画・事業企画・新規事業開発」の1職種のみ。他の9職種は景気低迷にもかかわらず前年より増加した。

年収低下の著しい製造業のエンジニア系

一方で、年収低下が目立つのが 製造業のエンジニア系職種(電気・電子・機械・化学)。12職種中、9職種が前年平均を下回った。中でも機械設計エンジニアは29万円、CAE解析エンジニアは23万円も年収が前年よりもダウンしている。製造業の厳しい状況が全職種の平均年収を下落させた。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT