最新!「志願者数が多い大学」ランキング100 あのお騒がせの日大は?学部では獣医が首位

印刷
A
A
5年連続で志願者数日本一となった近畿大学。24時間開館の自習室や、テーマ別にコミックと本が一緒に置かれている図書館がある新校舎「アカデミックシアター」(写真)を開設。こうした新しい取り組みも評価されている (撮影:尾形文繁)

今年の一般入試では、昨年と同じく私立大学の志願者が激増した。高校卒業生が1万4000人減っているにもかかわらず、昨年よりおよそ7%も志願者が増えた。

「週刊東洋経済臨時増刊 本当に強い大学2018」(東洋経済新報社)。書影をクリックするとアマゾンの販売サイトにジャンプします

これで12年連続の増加だ。国公立大学が昨年に比べ志願者が1.1%減り、7年連続減少となっているのとは対照的な結果となった。

私立大人気の理由は2つある。1つ目は文部科学省が地方創生の一環として、大都市圏の大規模大学の入学者を、2016年から定員に近づけるよう漸減させていることだ。

入学者を減らすことは、合格者を減らすことにつながる。昨年も私立大は大人気で志願者が増えたところが多かったが、合格者も減ったことによって倍率がアップした。

今年も同じことが起こると見越し、受験生は併願校を増やした。特にセンター試験利用入試が10%の志願者増で併願に活用された。センター試験の志願者は1.2%増えたが、国公立大志願者は減っており、私立大型の受験生が多く受けたとみられる。

大規模大学の定員厳格化で併願が増加

また2つ目の理由としては、今年も“文高理低”の学部志望動向となったことだ。文系学部は私立大に数多く設置されているため、人気に拍車をかけた。その中で人気だった学部は、表のようになった。

次ページ志願者が増えた学部系統は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT