「就職力」の強い大学トップ100ランキング

約2000の進学校の進路指導教員が評価

8年連続で「就職に力を入れている大学」のトップとなった明治大学。写真のように出陣式を開催するなど、就活への取り組みには熱心だ (撮影:今井康一)

就活生向けの企業の採用広報活動が3月1日から始まり、2019年卒の大学生の就職活動が本格的にスタートした。近年の就活は大学生の売り手市場が続き、2019年卒の学生も同じ傾向が継続すると見られている。そうした環境を目の当たりにしても、就職に対する受験生の関心は高い。

「就職四季報」特設サイトはこちら

大学通信は毎年、全国約2000の進学校の進路指導担当教諭に対し、進学に関するさまざまな項目のアンケート調査を実施している。その項目の1つ、「生徒に人気がある大学」について聞くと、「自分のしたい勉強ができる大学」、「社会的評価・イメージがよい大学」などとともに、「就職に有利な大学」が上位に並ぶ。また、「受験生に受け入れられる大学改革」について、最も多い回答は「キャリア教育など就職支援」だった。

大学選びに「就職力」は欠かせない要素

大学生の就職率が右上がりを続けるのと連動して、受験生の学部志望動向も変化が生まれている。不況期には資格取得できる学部や理工系などが人気になるが、今は“サラリーマン養成学部”ともいえる経済や経営など社会科学系を中心とした文系学部に、人気がシフト。そうした学部選びを志向しながらも、大学自体の就職力を意識している。

では進路指導教諭はどういった大学の就職支援を評価しているのだろうか。アンケートでは「就職に力を入れている大学」の具体名を聞いている。5校連記で大学を挙げてもらい、最初の大学を5ポイント、2番目を4ポイント、3番目を3ポイント……として集計、ポイントの多い順に並べたのが「就職に力を入れている大学ランキング」だ。

次ページ8年連続でトップは明治大学に
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。