就活の必修科目「グループワーク」で勝つ方法

定番は「極限状態でどうするか」という設問

グループディスカッションやグループワークは大企業で実施する確率が高い(写真:kikuo / PIXTA)

面接にはさまざまな形式がある。HR総研では企業に対し、実施した面接の種類を毎年調査しているが、もっとも多いのは「個人面接」で9割以上。続いて多いのが「グループ面接」の3割だ。この2つには個人と集団という違いがあり、グループ面接では割り当てられた短時間で、”自分を売り込む”能力が必要になる。しかし、質問は定型的なものが多いので、キャリアセンターでの模擬面接で練習しておけばいい。

「就職四季報」特設サイトはこちら

面倒なのは、企業の「お題」によって行われる、「グループワーク」だ。どういうお題が出るかを知っているのと知らないのとでは大違い。そこで2018年の就職活動で先輩が体験したグループワークを紹介したい。

HR総研では昨年6月に楽天「みん就(みんなの就職活動日記)」と共同で行ったアンケート調査の中で、「最も印象に残っているグループディスカッション、グループワークのテーマ」を聞いている。その回答を見ていこう。

先輩たちの経験から傾向を読み取る

そもそも「グループワーク」とは、学生を5~6人の小グループに分け、30~60分程度の時間で課題(企業が課すお題)に挑戦させるものだ。社員の教育研修でも使われる手法で、似たような形式には、「グループディスカッション」や「ディベート」がある。グループワークは「GW」、グループディスカッションは「GD」とも略される。

グループワークにおいては、学生同士が課題を議論して方向性を導き、成果物をLEGOブロックや粘土を使って成果物を作ることもあるし、文書にまとめてホワイトボードに書き出し発表することもある。

次ページGDとGWの違いをまとめると?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。