20代就活女子は「残業しない男性」を支持する

最新データに見る大学生の就業観と人生設計

今の就活生は将来、どんな社会人になりたいと思っているのだろうか (写真:k+s / PIXTA)

「人生100年時代」といわれる超高齢化社会を迎え、「一生同じ会社で勤められる社会人は一握り」と言われる時代になっている。そんな中、これから社会に出ようとする就活生は、どのような就業観を持ち、どんな人生設計を思い描いているのか。マイナビが行った各種調査を基にひもといてみたい。

「就職四季報」特設サイトはこちら

まず、マイナビが行った「2018年卒マイナビ大学生就職意識調査」から、学生の就職観の変遷を確認してみたい。学生の就職観第1位は「楽しく働きたい」(29.7%)で、この十数年変わらないが、2008年(2006年卒)の37.0%をピークに減少傾向にある。

「出世したい」はわずか1.1%

また、2位の「個人の生活と仕事を両立させたい」(26.2%)は、5年連続で増加している。ワークライフバランスや、働き方改革といった言葉の浸透で、仕事と私生活の両立がより重視されているのがわかる。3位は2010年卒以降、8年連続で「人のためになる仕事がしたい」(16.1%)、次に「自分の夢のために働きたい」(11.0%)が続く。一方、「収入さえあればよい」は3.4%、「出世したい」はわずか1.1%にとどまっている。

「楽しく働く」「個人の生活と仕事の両立」を求める傾向は、特に男子より女子の方が高く、仕事を楽しみながら、私生活とのバランスを取りたいという考えが強いようだ。

次ページイメージするのは結婚や育児
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT