20代就活女子は「残業しない男性」を支持する

最新データに見る大学生の就業観と人生設計

仕事と結婚についての考え方にも特徴が見られる。

まず「結婚をするなら何歳ごろにしたいか」という問いでは、男子が平均28.3歳、女子が平均27.3歳と、ともに20代での結婚を望む傾向が見られた。社会全体は晩婚化の傾向にあるものの、現在時点での希望としては、20代での結婚を望んでいるようだ。

そして結婚後、「夫婦共働き」を希望する割合は、男子48.7%、女子69.5%だ。2016年卒から男子は5割弱、女子は7割弱で推移しており、一貫して、女子のほうが共働きを希望する割合が高いことが分かる。

厚生労働省の「専業主婦世帯と共働き世帯の推移」を見ても、今の就活生が生まれた1996年以降は、共働き世帯が専業主婦世帯を常に上回っており、半数以上が「親は共働き」という環境で育っている。そうした家庭環境も、共働きを希望する割合が多い背景にあるのだろう。

男子5割弱、女子7割弱が共働き希望

女子学生が共働きを選択した理由は、「仕事を続けることが生きがいになると思うから」(19.4%)、「それぞれ自分の仕事を持っていることが自然だと思うから」(14.8%)、「一方の収入だけでは生活できないから」(14.6%)という回答が上位になっている。

その一方で、割合としては少ないとはいえ、「主に相手の収入のみで生活するのが望ましい」とする女子も21.0%いる。それなら、専業主婦的な志向を持つ女子学生と、共働きや自分の収入で生活する事を望む女子学生には、どのような違いがあるのか。

男女別に、共働き志向や自活(自分の収入のみで生活する)志向など、5つの区分(「共働き志向の男子」「自活志向の男子」「共働き志向の女子」「自活志向の女子」「専業主婦志向の女子」)に分け、それぞれの思考や、ライフスタイルにどのような違いがあるのかを確認した。

次ページ仕事とプライベートを両立したい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。