「同僚との飲み会が多い会社」トップ100社

3位はあの電通、上位にはリクルートグループ

今どき、社内の人間が評価した、「同僚との飲み会の多い会社」とは? (写真:KAORU / PIXTA)

会社は多くの人が集まる組織。仕事をスムーズにしていくためにも、社員間のコミュニケーションを密にしていくことは大切なことだろう。

コミュニケーションを図る方法はいろいろあるが、「飲み会」や「食事会」はそのポピュラーな手段のひとつといえる。「時間外に社員同士の付き合いはしたくない」「プライベートな時間を大切にしたい」という人も少なくないと思うが、仕事中では聞けない話や同僚の意外な一面を見ることもできる貴重な機会だ。

飲み会を多く開いている会社はどこか

「就職四季報」特設サイトはこちら

社内の飲み会や食事会はどこでも行われていると思うが、どんな会社が飲み会を頻繁に開いているのだろうか? そこで作成したのが「同僚との飲み会が多い会社ランキング」だ。

ランキングはエン・ジャパンが運営する口コミサイト、「カイシャの評判」に書かれた評価から作成している。このサイトは、正社員や派遣社員など、その会社に勤務するスタッフや在籍したことのある元社員たちが、会社の雰囲気や待遇について語った評判・評価が書き込まれている。

同時に会社の状況についてアンケートも実施しており、結果を会社分析レポートとして公表している。今回のランキングはその会社分析レポートの作成のための設問項目で、「同僚との食事・飲み会が多いですか?」に対して、「はい」と回答した人の割合をポイント化し、高い順に並べたものだ。つまり会社の中の人が「うちの会社は同僚との飲み会が多い」と思っている人の多い会社が上位に顔を出すことになる。

ランキングは、カイシャの評判の掲載企業(法人企業)のうち、口コミ件数が累積300件以上で、アンケートへの回答者が30人以上の企業が対象だ。対象社数は538社。平均ポイントは34.9ポイントとなっている。評価の対象期間はサイトが誕生した2012年からの口コミ評価となっている。今回はそのうち、ランキング上位100社を紹介したい。

次ページトップは「@type」の運営会社
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?