寄付金収入が多い私立大学157校ランキング

寄付金1億円以上を列挙、1位慶應、2位創価

データは2016年度決算(2017年3月期)のものだ。参考までに、その前の期(2015年度決算)と、大学の規模を見るために、総資産の額を表示した。経年との比較、学校規模に対する寄付金の額の両面から、数字を見てもらいたい。なお、数字は学校法人単位の数字で、複数の大学や高校を傘下に収めている法人は、その分も含まれている。寄付金収入の金額が1億円以上の学校法人157法人を金額が多い順に並べた。

1位は慶應義塾で、金額は87.39億円だ。ここ数年80億円前後の寄付金が毎年集まっている状況である。すでに2017年度(2018年3月期)の決算も出ているが、63億円という数字となっている。

2位は創価大学で71.43億円。こちらは寄付金の多い学校法人として知られている。通常の年だと30億円前後の寄付金を集めているが、2016年度は創立45周年ということもあり、寄付金収入は70億円を超えた。

大学の場合、「創立○周年」というタイミングで、多額の寄付を集めるケースが多い。多くは「○周年記念事業」など、周年にあわせた施設建設などの事業を行い、大学の教育環境の充実を図っている。周年であれば、卒業者などの関係者からも寄付を集めやすい、というのもある。

周年記念で多額の寄付金を集めやすい

3位は豊田工業大学を運営するトヨタ学園だ。寄付金収入は58.81億円。トヨタ自動車が技術者や研究者の育成を目的に設立した大学で、ここ数年は30億~50億円を寄付金として投じている。学生からの学費よりもむしろ、この寄付金が大きな収入の柱となっている。

4位は日本大学で41.63億円。ここ数年は40億円前後で推移している。2019年に大学130周年を迎え、記念事業募金も行っているが、アメフト部の”悪質タックル事件”の影響が寄付金の額にも出るかもしれない。

5位は上智大学を運営する上智学院。こちらは前期の10倍近い31.88億円が寄付金収入として計上されている。2016年4月にイエズス会系の4つの学校法人と合併した影響が大きい。現物寄付を計上する事業活動収支計算書では、寄付金の総額は約250億円にも達している。

6位は早稲田大学で30.95億円。ここ数年は30億円程度の寄付金収入を得ている。7位は立命館で26.44億円。通常より倍以上の金額になっているが、この年は平井嘉一郎記念図書館開館に対する寄付金があり、それが大きく寄与している。以下、8位天理大学(寄付金収入26.18億円)、9位国際医療福祉大学(同24億円)、10位東海大学(同21.49億円)と続く。

25位の福岡大学までが、10億円を超えており、規模の大きな大学や医学部を持つ大学が上位にランクインする傾向にある。

次ページ寄付金が多い私立大学1~50位
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。