「仕事のできない上司」を出世させるべき理由

足を引っ張る人たちからどう逃げるべきか

「ボトルネック上司」をどうするかは重要な問題です(撮影:今井康一)
「この上司がいるから仕事がうまく進まない!」と思ったことがある人はいるのではないでしょうか。森川亮氏に言わせれば、「意外とできない上司のほうが、物事は思いどおりに進むかもしれませんよ」とのこと。『すべての仕事は10分で終わる』の著書もある森川氏が、身近な「できない上司」の対処法を紹介します。

足を引っ張る人たちからどう逃げるか

私が大企業勤めをしていたときによく悩んだのが、足を引っ張ろうとする人たちの存在です。

世の中的には当然「できるだけ仕事をしたくない人」がマジョリティです。そういう人からすれば仕事が速い人がそばにいると、自分の仕事の遅さやアウトプットの少なさが目立つので、なるべく遅くやってほしいわけです。

なので昼休みなどに私だけ仕事をしていると、なるべく仕事をしないでくれという態度をされたり、当時まだ労働組合が元気な時代でしたから「森川も組合に入れ」と執拗に誘われたり、露骨な抵抗勢力がいたものです。

最近はそういう露骨な人たちは減ったと思うのですが、動きの遅い組織にいると、どうしてもそういう人種に遭遇します。そんな人たちからどうやって逃げるかということも、自分の仕事の速度を上げるためには重要なことでしょう。

特に自分の上司をいかに抵抗勢力にしないかは大事なポイントだと思います。実際には面倒な上司がいたら本心ではなくてもへりくだって、上司に花を持たせ、できるだけ出世してもうらようにしていました。

外資系だとそういう場合は上司を飛ばしてもっと権限のある人と直接話をつけるという攻め方もありますが、多くの日本企業のように指揮系統を乱すことを一切認めない組織でそうしたことをすると、上司が激怒して事態がややこしくなり、かえってスピードが遅くなる可能性すらあります。

次ページ理不尽な上司は「わかりましたー」「忘れましたー」でスルー
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。